あと43ヶ月で仕事をやめる

バツイチで必死に生きてきたおばさんが自由を手に入れるまでのカウントダウン。

年末調整きた

今日は20日ね。

来たわよ、待ってたアレが。

パートおばさんが、汗かきながら稼いだ給与と

不条理に納得できない使われ方をされてるアレが…。

毎月搾取されているアレが…返ってきたわ。

アレ=年末調整ね。

 

 

「年末調整は“先払い”した所得税の精算手続きです。
年末調整とは、事業所等(勤務先など)が 会社員や公務員などの給与所得者に、

1~12月の1年間に支払った給与や源泉所得税について

その過不足を調整する仕組みのことです…。」

わかりずれ~YO。

つまり、払いすぎたら返すし、足りなかったらもっとよこせ…といった

NHK大河「西郷どん」でも 百姓が苦しんでいる税金がらみのアレね。

 

 

「西郷どん」じゃ払えなくて借金した百姓の娘は売られて行ったけど 

そこまでなくてもリアルに 社会保障に関連したものは年々高くなってるわ。

高齢化はendlessだから、下がることはないわね。

右肩上がりよ。

 

 

で、昨年まで母親を扶養していたパートおばさんの

平成29年度の還付金を発表します。

 

          f:id:atomuhigasi:20180120144542j:plain

 

なんか微妙な数字ね……51806円よ。

「多くてよかった」なんて小娘のころは 馬鹿だし単純に喜んでたけど

つまりコレって、自分自身のお金を取り戻しただけの事よ。

給与のなかに組み込んで「今月は多いでしょ」なんて上司に言われてたけど

「は~っ?コレ 払いすぎてた私のお金ですから」って

今のパートおばさんだったら言ってやるわ。

 

 

そういえば以前、一時的に失業してた時に住民税を払いすぎてたらしく

当時、郵便為替が送られて来たことがあるわ。

120円の郵便為替よ。

あまりに少ない額だから、取りに行かなくて放置したけど 

そのことについて なんの音沙汰もなかったわ。

今になれば「そこを狙って郵便為替?」みたいなうがった考えも沸くわね。

そんな人が何千何万人いたら 総額はすごいもの。

 

 

税金なんか、一円でも足りなかったらギャーギャー催促してくる癖にね。

給与からは毎月 社会保険料介護保険料・厚生年金料・所得税・市県民税

・復興特別税を引かれた挙句の 毎日発生する消費税よ。

「民は疲弊しております…」

「西郷どん」や韓国ドラマでもよく聞くフレーズね。

聞き飽きたわ。

 

 

景気がいい日本らしいけど「西郷どん」当時とあまり変わっていないわ。

「西郷どん」は政治的メッセージもあるドラマだけど 今後どうなるのかしら。

ドラマには期待してるけど しょせん政治家なんて誰がなっても同じね。

今の政治家観てて思うわ。

だから、パートおばさんは自分の置かれた立場を有利にする人に入れるだけよ。

消費税値上げ反対の人よ。

 

 

昔、学生だった頃 京都大学まで卒業してるのに 臨時教員してた

現代社会の教師が授業中によく言ってたわ。

「政治家は 無学な多数いる貧乏人から 税という名前でお金を

少しでも多く巻き上げることを常に考えている。

それは世界共通で、君たちが高齢者になるころも変わらない」と。

今になって考えるとほんとそうかも…。

 

 

無知な人間はいろんなところで 搾取されながら生きていくわね。

今回問題になってる高齢者の銀行の外貨建て保険なんかも、そんな感じね。

これは、銀行という名の金貸しにやられたのよ。

 

 

今更だけど、搾取されずに無事返ってきたパートおばさんの還付金。

「長旅ご苦労さん、心配してたわ。少しやせたんじゃないの?」

 

 

大事な大事な還付金ちゃんよ。

だから足して6万円にして セミリタイア用の貯蓄にいれることにしたわ。

ほら、こんな風にブログ書くっていいでしょ。

目的がぶれないから、お勧めするわ。

 

    

 

 

利息もつけないで「還付する」って上から目線が気に入らないわ。

「だね!!」って方

よければクリックお願いしますぅ。

   ↓↓↓


日記・雑談ランキング

 
にほんブログ村