あと43ヶ月で仕事をやめる

バツイチで必死に生きてきたおばさんが自由を手に入れるまでのカウントダウン。

ネットの着物の買い取り金額に愕然

パートおばさん 今朝も機嫌よく

ルンバ掃除や
洗濯して、いつものように食洗機のスイッチON。
ほんと、手塚治虫のマンガのような未来的生活ね。
そのうち ペッパー君なんかも 
お手軽な金額になるだろうから 、
優しくしてもらうようセットしたりして…、
寂しい一人暮らしは 家族にも困らないわ。
うふふふふ…。





そんなルンルン(死語)な朝に フッと
「あのネット買い取りの着物どうなった?」って
思い出したわ。
我欲が強いくせに 歳ね、一瞬だけど忘れてたわ。





で、振込依頼してたネットバンキングで確認したわ。

1100円。
ドルじゃないのよ、日本円よ。
日本円よ………。





がっくりきたわ…_| ̄|○





作った当時の金額は300万は 超えてたわね。
今は亡き母親が 必死に払っていたもの…。
容赦ない金額ね。
むしろ、清々しいわ。





で、何が言いたいか…。
着物はレンタルがいいって事。
着物買うのは、よほどのお金もちか
黒革の手帳を持ってる人ぐらいだわ。





成人式やお孫さんの七五三なんかも レンタルよ。
まだ、子供は結婚もしていないけど
とりあえず 今度会ったら
七五三はレンタルって 伝えるわ。
「また、変な事言ってる」って 
スルーするだろうけど。




そんな話よ。